AWSサーバーレスで画像解析 or 動画解析を手早く構築😎 Amazon Rekognition を解説します🚀

AWSサーバーレスで画像解析 or 動画解析を手早く構築😎 Amazon Rekognition を解説します🚀

こんにちは!

今回は画像やビデオ分析をアプリケーションに簡単に追加することができる Amazon Rekognition について解説します!

想定する読者

  • Amazon Rekognition が気になるヒト
  • Amazon Rekognition を使おうと思っているヒト

はじめに

Amazon Rekognition では画像や動画を分析する際に利用するサービスです。分析の機能を一から構築することなく、AWSが提供しているこのサービスを利用することで、素早くアプリケーションに画像や動画の分析機能を追加することができます。

以降ではデモに触れながら Amazon Rekognition のできることを把握しつつ解説していきたいと思います。

Amazon Rekognition のデモ

Amazon Rekognition(以下、Rekognition)ではほかの機械学習系サービスと同様に、マネジメントコンソールにてデモが体験できます。以下がデモの内容です。

上記では画像の分析を行なっています。Rekognition が車や人間を認識していることがわかります。こちらは Rekognition に対して以下のリクエストを送っています。

{
    "Image": {
        "S3Object": {
            "Bucket": "rekognition-console-sample-images-prod-nrt",
            "Name": "skateboard.jpg"
        }
    }
}

これに対して Rekognition が以下のようなレスポンスを返しています(長いので一部抜粋)。

{
    "Labels": [
        {
            "Name": "Automobile",
            "Confidence": 98.87621307373047,
            "Instances": [],
            "Parents": [
                {
                    "Name": "Vehicle"
                },
                {
                    "Name": "Transportation"
                }
            ]
        },
        {
            "Name": "Vehicle",
            "Confidence": 98.87621307373047,
            "Instances": [],
            "Parents": [
                {
                    "Name": "Transportation"
                }
            ]
        },
        {
            "Name": "Transportation",
            "Confidence": 98.87621307373047,
            "Instances": [],
            "Parents": []
        },
        {
            "Name": "Human",
            "Confidence": 98.37577819824219,
            "Instances": [],
            "Parents": []
        },
    ],
    "LabelModelVersion": "2.0"
}

パラメータの「Confidence」のパーセンテージが、認識した対象が合っているかどうかの信頼度となります。この結果をもとにロジックを組んでみてください。Rekognition は SDK を使って API を実行するだけですので、とても簡単に画像・動画分析が行えます。

なおメトリクスは API がどのくらい呼ばれたか、成功や失敗の回数がどのくらいかしか見ることができませんので、エラー検知に関しては使用するコンピューティングリソースの CloudWatch などに対して行う形となります。

Amazon Rekognition API の種類

Rekognition の API には2つの種類があります。画像分析を行う Amazon Rekognition Image 、動画分析を行う Amazon Rekognition Video です。

どちらの API も文字やモノの認識およびそれらの分析を行うことが可能です。また共通して以下の分析のタイプがあります。

Labels物体(花や車など)や概念(結婚式など)の検出
Custom labels機械学習モデルをトレーニングして様々なオブジェクトを識別
Faces人間の顔を検出
Face search人間の顔を検索
People paths人間がどこをどう動いたかを追跡
Personal Protective Equipment人間が身につけている保護具(マスクやヘルメットなど)を検出
Celebrities有名人の検出
Text detectionテキストの検出
Inappropriate or offensive content不適切なコンテンツ(暴力的なものなど)の検出

これらのタイプを要件に合わせて活用していきましょう。

CloudFormation について

Rekognition は SDK を用いて利用するため、CloudFormation は基本的にサポートされておりません。サポートされているのは、機械学習のトレーニングに利用される Custom labels 分析のプロジェクト作成のみとなります。そのため、インフラのコード管理は不要となります。

関連記事

まとめ

Amazon Rekognition を用いることで簡単に画像や動画分析を始められます。ぜひ機会があれば積極的に取り入れていきましょう。

このブログでは、AWS の記事をどんどん公開しておりますので、ご興味のある方は他の記事もご覧いただければと思います。

AWS に関する開発は、お気軽にお問い合わせください。