AWS Fargateがプラットフォームバージョン1.4.0をリリースしました!その概要とは?

AWS Fargateがプラットフォームバージョン1.4.0をリリースしました!その概要とは?

こんにちは!
本日は、AWS Fargateがプラットフォームバージョン1.4.0をリリースしたので、その概要についてまとめたいと思います。

まずはAWS Fargateについて簡単に

もう既にご存知の方が多いかと思いますが、AWS Fargateは、コンテナを実行するためのマネージドサービスです。
詳しくは、公式サイトや弊社でもFargateについて投稿していますので、あわせてこちらもどうぞ!
Fargate VS Lambda 両者の違いをスタートアップCTOが本気で考えてみた!

では、早速Fargate1.4の新機能について見ていきましょう。

FargateでElastic File System(EFS)エンドポイントが使用出来るようになりました

Fargateタスク内に永続的なEFSストレージをマウントするためのサポートが導入されています。
これにより、AWS Fargateの新しいユースケースの完全なセットが有効になります。

EC2タスク定義(EC2とFargateの両方)が新しいEFSVolumeConfigurationパラメーターをサポートします。

Fargateタスクに20 GBの一時ボリュームが統合されました

以前のプラットフォームバージョンのFargate1.3には、2つの一時的なローカルボリュームがありました。

  1. 同じECSタスクで実行されているコンテナーのステージングの一時的な領域として使用できる4GBのボリューム
  2. コンテナーイメージをホストする10GBのボリューム

プラットフォームバージョン1.4では、これらのボリュームを単一の20GBボリュームに統合しています。

これにより、使用可能なストレージの合計が増えるだけでなく、ユーザーが好きなようにこの容量を使用できる柔軟性が高まります。
たとえば、この統合された大きなボリュームは、Amazon S3から大きなファイルをプルして処理するデータ処理アプリケーションに特に役立ちます!

タスクElastic Network Interface(ENI)が追加のトラフィックフローを実行するようになりました

Fargateタスクは、AWSが管理する一連の仮想マシン上で実行されます。
これらのVMは、いわゆる「Fargate ENI」を介してAWS所有のVPCに接続されます。
ユーザーがFargateでタスクを起動すると、タスクにENIが割り当てられ、このENIは顧客所有のVPCに接続されます。

引用元:https://aws.amazon.com/jp/blogs/containers/aws-fargate-launches-platform-version-1-4/

CloudWatch Container Insightsでネットワークパフォーマンスメトリックを利用できます

こちらの内容は、タスクのCPU使用率などが確認出来るようになりました!

ネットワーク統計は、新しいタスクメタデータv4を介してFargateで利用できるようになりました

ECS_CONTAINER_METADATA_URI_V4という環境変数が追加されました。

curl ${ECS_CONTAINER_METADATA_URI_V4}/task/stats

Fargateタスクで実行されているコンテナから上記のコマンドを叩くとネットワーク統計を含む統計が取得できます。

あわせて、アベイラビリティーゾーン(AZ)の情報も取得が可能です。

タスクENIはジャンボフレームをサポートし、ネットワーク効率を向上

以前は、タスクENIは標準のイーサネットフレームサイズ1500バイトでトラフィックを送受信していました。
プラットフォームバージョン1.4から、タスクENIは他のすべてのVPC ENIと同様にジャンボフレーム(9000~16000バイト)をサポートすることになりました。
これにより、VPC内に残るすべてのトラフィックなど、送信元と宛先の間のネットワークパスがジャンボフレームをサポートする場合は常に、効率が向上し、計算のオーバーヘッドが減少が期待されます。

最後に

いかがでしたか?
Fargateは、このアップデートを機に導入を検討をしてみても良いのでは無いでしょうか。

Fargateについて詳しく知りたい方は、こちらもどうぞ。
Fargate VS Lambda 両者の違いをスタートアップCTOが本気で考えてみた!